イベント情報


ウォン・ウィンツァン&森泰人DUO

2018年5月31日(木)  ウォン・ウィンツァン&森泰人DUO
19:00開演(18:30 開場) 
前売5000円/当日5500円

タイトル 

ウォン・ウィンツァン&森泰人DUO

内容

唯一無二の響きに触れ、内に耳を傾けるひととき・・・

静寂から生まれる透明な音色は深い意識とつながり、童謡から即興演奏まで独創的な調べのピアニスト ウォン・ウィンツァン。

ぬくもりの優しい音を紡ぎだす北欧と日本のかけはしスウェーデン在住のコントラバス奏者 森泰人

共演暦30年を越える二人が織りなす ピアノとコントラバスのデュオ

開催日

 

2018年5月31日(木)  19:00開演(18:30 開場) 

出演者

ウォン・ウィンツァン

ピアニスト、即興演奏家、作曲家。透明な音色で聴衆の深い意識とつながり、解き放たれた静寂な空間を創る"瞑想のピアニスト"。1949年神戸生まれ。19歳で活動をはじめ、ジャズ、フュージョン、ソウル、前衛音楽など演奏。70年代にブラウン・ライスのキーボードとして全米ツアー。87年、瞑想の体験を通し自己の音楽の在り方を確信。90年よりピアノソロ活動を開始、サトワミュージック設立。ファーストアルバム「フレグランス」以降、「ムーントーク」「海より遠く」「光の華」「月の音階」「青の龍」など多くの作品を発表。グループでは、市原康(dr)森泰人(b)とのジャズトリオ WIM として3作品を発表。NHK「にっぽん紀行」、「目撃!にっぽん」、Eテレ「こころの時代」のテーマ曲でも知られている。

森泰人

コントラバス奏者。1952年東京生まれ。青山学院高等部在学中からコントラバスの奏者を始める。71年からNHK交響楽団首席コントラバス奏者・小野崎 充氏に7年間師事しクラシック奏法を学ぶ。81年スウェーデンに移り活動を始める。82年ボブ・バーグのスカンジナビアン・クインテットに参加。ジョージ・コールマン、リー・コニッツ、アート・ファーマー、ケン・ペプロフスキーらと共演。85年ボーヒュスレーン・ビッグバンドのレギュラーベーシストに就任。89年スタン・ゲッツ・カルテットのヨーロッパ・ツアーに参加。92年トゥーツ・シールマンスのスカンジナビアン・カルテットに起用される。98年アーレ・ミュラー率いるストックホルム・フォルク・ビッグバンドに参加。2000年スウェーデン・ジャズ界の大御所、クラリネット奏者のプッテ・ヴィックマン・カルテットでNYのカーネギーホールに出演。94年北欧と日本の音楽交流プロジェクト「スカンジナビアン・ジャパン・コネクション」を立ち上げ、日本から北村英治、鈴木良雄、伊藤君子、高瀬アキ、おおたか静流、木住野佳子、中川昌巳などを北欧に、北欧からラーシュ・ヤンソン、アンダーシュ・パーション、ウルフ・ワケーニウス、ボーヒュスレーン・ビッグバンド、エーヴァン・スベンソンなどを日本に紹介し、計57回ツアーを行っている。北欧と日本の音楽交流に貢献し、北欧ジャズを日本に紹介した功績は高く評価されている。

料金

前売5000円/当日5500円

お申込み&お問合せ

●お問い合わせ●

エコ・ブランチ(鶴田紀子)noriko@eco-branch.com

TEL (052)503-1002

●お申し込み方法●

①HPの申し込みフォームか、お電話・メールで、お名前、参加人数、ご住所、お電話番号をお知らせ下さい。

 申し込み先:Eco-branch 鶴田(お電話:052-503-1002) noriko@eco-branch.com

②参加費をお振込みください。

 下記チラシをご覧ください

チラシはこちら