イベント情報


佐野功枝サクソフォン夜話 *チケット取扱い*

2018年2月7日(水)  佐野功枝サクソフォン夜話 舞~その楽の音は、神への贄となりうるのか~
19:00 開演(18:30 開場) 
前売り 一般¥3,000  学生¥2,000 (当日共に500円増し) 全席自由

内容 

佐野功枝サクソフォン夜話 舞~その楽の音は、神への贄となりうるのか~

開催日

2017年2月7日(水) 19:00 開演(18:30 開場) 

プログラム

野田燎 ー MAI

石田正 ー 砂山‐藤若に寄せて‐(編曲委嘱新作)

伊藤康英 ー「ツヴァイザムカイト」への補足的一章

江原大介 ー スターリットナイト ~テナーサクソフォンと笙のための(委嘱新作)

吉松隆 ー サイバーバードより 悲の鳥

P.スウェルツ ー ウズメの踊り

出演者

サクソフォン 佐野功枝 

静岡県出身。愛知県立芸術大学卒業。在学中、中川良平氏率いる「東京バッハ・バンド」東京、仙台公演参加。第7回「静岡の名手たち」オーディション合格。静岡音楽館Aoiにて同コンサート出演。2006年より、名古屋、東京、富士の各地でソロリサイタルを開催。リサイタルでは毎回作曲家に委嘱作品を依頼し、クラシカルサクソフォン作品のレパートリー開拓を試みている。委嘱作品のうちいくつかが、現在フォスターミュージックより出版楽譜として販売されている。また、2005年より所属するアリオンサクソフォンカルテットのリサイタルを全国各地で開催。これまでにソリストとしてセントラル愛知交響楽団と共演。演奏活動の他、吹奏楽指導者、女性の為の生涯学習講座の講師を務めるなど活動は多岐に渡る。サクソフォンを池田崇明、中嶋英乃、雲井雅人、仲田守の各氏に、室内楽を菅原眸、中川良平、村田四郎の各氏に師事。名古屋アカデミックウインズ代表。アリオンサクソフォンカルテット及び一宮市消防音楽隊テナーサクソフォン奏者。JWECC(日本管楽合奏指導者会議)会員。現代邦楽みさと笛三級師範。これまでに2枚のソロアルバムをリリースしている。「illumination」(フロレスタン株式会社 FLCP-21019)、「Fairy Tale」(キヤレーベルTKYL-1001)

■ピアノ 弘中佑子

国立音楽大学付属高等学校を経て、東京藝術大学卒業、同大学院修了、学内にて同声会賞受賞。スコラカントルム音楽院修了。パリ13区モーリス・ラヴェル音楽院伴奏科を満場一致で終了。第6回横浜国際音楽コンクール第3位及び現代音楽賞受賞。第25回市川新人演奏家コンクールピアノ部門最優秀賞。第19回オビドス国際ピアノマスタークラスにて、ポルトガルラジオ局Antena2及びACIM賞受賞。2016年、カントゥ国際ピアノコンクール(伊)セミファイナリスト。これまでに、藝大フィルハーモニア、ルーマニアMihail Joraフィルハーモニアと共演。パウル=バドゥラ・スコダ、ジャン・ファシナ各氏のマスタークラス修了。これまでにピアノを高橋敦子、林まち子、渡辺秋香、石川治子、ジョルジュ・プリューデルマッハーの各氏に、ピアノ伴奏法をクロード・コレ氏に、ピアノ及びピアノデュオを角野裕氏に師事。現在、東京を中心に演奏活動を行う傍ら、後輩の指導にもあたる。

■笙 中村華子

国立音楽大学音楽学学科卒業。笙を宮田まゆみ、多忠輝、楽琵琶を中村かほるの各氏に師事。平成18年度文化庁新進芸術家国内研修生終了。「伶楽舎」に所属し、国立劇場公演や、文化庁学校公演、サイトウキネンフェスティヴァルなど国内外の公演に参加。また、「雅楽三昧中村さんち」、「Shogirls笙ガールズ」など、雅楽の魅力を身近に感じてもらう活動もしている。TVやラジオの収録にも携わり、古典の雅楽だけでなく、雅楽以外の和洋の楽器との共演など、幅広く活動をしている。

 

料金

前売り・一般¥3,000  学生¥2,000 (当日共に500円増し) 全席自由

チケット

お問い合わせ

■メニコンANNEX 1階受付 ☎052-935-0918 窓口販売(平日10:00~18:00)

■ツキヤレーベル(ボイスミュージック内、日・祝以外の14時~21時)

 ☎052-625-4120 Mail:tukiyasax@yahoo.co.jp

主催

ツキヤレーベル

後援

日本サクソフォーン協会

愛知県立芸術大学音楽学部同窓会

チラシはこちら